プリザーブドフラワーの意味と特徴とは

プリザーブドフラワーの意味と特徴とは プリザーブドフラワーとは特殊な方法で生花の柔らかさや色合い、美しさなどをそのままに長く楽しめるように加工されたお花のことで、プリザーブドフラワーのプリザーブとは保存すると言う意味があります。
プリザーブドフラワーはその名の意味の通り、生花のように瑞々しく美しい花を長く保存することができるのが大きな特徴です。
また生花のようにお水を与える必要がないと言うのも大きな特徴です。
水やりなどのお手入れをしなくても、直射日光や高温多湿を避けるようにするなど飾る場所や保管の状態に気を配れば数年にわたって美しさを保つことができます。
お祝い事や行事ごと、お見舞いの品などとしての贈り物として人気が高く、生花と違って花粉や香りがないので、花粉症であったり、花の香りが苦手とこれまでお花を贈ることができなかった方への贈り物としても用いることができますし、水替えなどを必要としないので衛生面が気になる病院などの施設へも贈ることができます。

プリザーブドフラワーで自分だけの一輪

花を飾ると部屋が華やかになりますが、たくさんの花を飾るスペースがなかったり水やりなどの手入れが面倒と感じることがあります。
そのような場合にはプリザーブドフラワーがおすすめです。
プリザーブドフラワーとは、特殊な加工が施された花のことで、生花のような柔らかさ、瑞々しさ、色感などはそのままで水やりなどのお手入れの必要がなく、長い期間美しい花を楽しむことができます。
飾るスペースがあまりとれないけれど、花を飾りたいと言う場合にはプリザーブドフラワーを一輪飾るのも良いです。
プリザーブドフラワーは花屋などで購入することができますが、キットを使えば自分で手作りすることも可能です。
例えばお花を頂いた時などにその中から一輪選んで加工すると、その花を長く飾って楽しむことができます。
作り方は簡単に説明すると花の茎を好みの長さでカットし、容器に花を入れてから加工のための液剤を入れて花を浸し蓋をして数日そのまま保管します。
数日後に液剤から取り出して、風通しの良い場所で乾燥させれば出来上がります。
液剤などの手作りキットは通販や花屋などで購入することができますので、自分だけの一輪を作ることもできます。