プリザーブドフラワーの取り扱い方について

プリザーブドフラワーの取り扱い方について プリザーブドフラワーはドライフラワーと違い、生の花の柔らかい感じがそのまま現れ、色彩も大変豊かです。すぐに色あせなどが起こらず、枯れたりもしないのでウェディングブーケや開店祝いなどに使用されることが多いです。
プリザーブドフラワーは水をあげる心配がないので、比較的取り扱いが簡単です。ですが、プリザーブドフラワーは特殊な液を利用するため衣服や布に長時間つけておくと、色うつりすることがあります。
また、水をかけてしまうとひび割れを起こしてしまいます。保存された花ですので、決して水をあげないようにしましょう。
取り扱いの仕方によって長持ちするかしないかが決まります。乾燥しすぎでもだめですし、湿気が多いと花びらが透き通ってくることがあります。花びらが透き通ってきたら乾燥材であるシリカゲルを2,3日置いてみるようにします。
ほこりがたまった場合は、無理に取ろうとせず、ドライヤーで軽く風を当てると良いでしょう。日が当たる場所に置くと変色が進んでしまうので、日陰に置くことも大切です。

今人気上昇中のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーが人気上昇中で、特に女性からの人気が高まっています。
生花に特殊な加工を施して、綺麗な状態を半永久的に保つことが出来るようにしたものです。生花から水分と色素を取り除き、新たに人口的な色素を入れてアレンジメントとして販売します。 直射日光と湿気の多い場所を避ければ、美しい状態を長く楽しめます。
プリザーブドフラワーは、特別な記念日や誕生日・母の日などの贈り物に最適で、インテリアとしても楽しむことが出来ます。
見た目は生花と変わりなく、みずみずしい質感を感じる事が出来る為、造花やドライフラワーが苦手な方にもお勧めです。
お手入れの必要が全くなく、水替えや枯れた花びらの処理などの必要が無い為、仕事や家事などが忙しく生花を楽しむことが出来ない、というかたからも需要が高くなっています。
お手入れいらずで、美しい状態を長く楽しめることが、人気上昇中の理由であると考えられます。その美しさに、これからも目が離せません。